営業マン・ブリーダーの一日

ネットでカタログ

会社案内動画

営業マン・ブリーダーの一日
農場・施設紹介
売れっ子野菜 加工業務用野菜のご提案
スーパーで見かけるナントの野菜たち
販促ツールダウンロード

営業マン・ブリーダーの一日

大根担当ブリーダーKさんの1日(ナント農場勤務編)

8:00am~8:30am

ナント種苗の育種研究農場の始業時間は夏期は8:00、冬期は8:30。ブリーダーは早めに出勤し、まずは自分が担当している作物の生育状況をチェックするために農場内を1周します。その日の天気予報を確認することも不可欠。こうして今日やらなければならない仕事の最終確認を行い、スタッフ全員と共有します。

8:30am~10:00am

今朝の仕事は3ヶ月ほど前に播種したダイコンの収穫調査。私が目を付けているまだ世に出回っていない未来の有望品種の数々が、既に販売されている既存品種と一緒に植えられています。その品種数は50種類にも及びます。これらのダイコンをスタッフ数名で収穫・洗浄します。

10:00am~2:00pm

収穫・洗浄が終わった後は、収穫したダイコンを調査室に運びそれぞれの品種のデータ調査。長さや形のみならず、根径・葉の長さ・肌や肉の色などダイコンの調査項目は約20項目と多岐に渡ります。品種数も多いのでかなりの時間を要しますが、ここでデータや品種ごとの印象を正確に的確に残しておくことが重要です。その後、一緒に調査を行った研究開発部長とも各品種の雑感などを共有し、その品種の特性を理解します。私が有望視している品種は今回も期待通りの生育をしてくれました。今後が楽しみです。

2:00pm~3:00pm

調査したデータを文書化して整理することも重要な作業です。試験品種ごとにまとめたデータは、他のブリーダーや営業マンとも共有し今後の品種開発に活かします。

3:00pm~6:00pm

明日からは千葉県銚子市のダイコン産地への出張。その為の準備をしなくてはなりません。銚子市をはじめ、他のダイコン産地でも同様に弊社品種が試験栽培されています。私はそれぞれの産地で行われる収穫調査に参加し、地理的条件や栽培条件の差異で試験品種がどのような特性を示すのかを理解しなければなりません。同じ品種でも栽培地や時期が異なれば、全く違う顔をするのです。それが品種開発の難しい点であり、面白い点でもあります。明日の調査では期待している品種がちゃんと期待通りの生育をしているのか、非常に楽しみです。

6:00pm~

出張準備も終わり、日報を書いて今日のところはこれで帰ります。

 

 

他の営業マン・ブリーダーの一日

営業マン
S課長の一日
奈良県担当営業マン
Iさんの一日
トマト担当ブリーダー
O課長の一日

家庭de菜園~うぇぶたねやさん~

直営店おすすめランキング






ナントガーデン店舗案内

日本種苗協会